ゲーム買取の前には相場を把握しておくと良い

ゲーム買取というのは、売るお店によって買取金額が全く同じということはありえないはずです。
お店ごとに微妙にでも金額が変わってくるという前提でいた方が良いのです。
すると、ゲーム買取においては得するケースと損してしまうケースが生まれるということになるのですが、損しないためには相場を知っておくということが大切になります。

ゲーム買取の前に個別に相場を理解しておこう

それぞれのゲームには必ず相場というものがありますから、そこから大きく逸脱するほど低い買取金額になった場合には、損をしている状態と言えます。
買取店に出す場合には、直接消費者に売ることができるオークションサイト、フリマサイトの相場よりも低い金額になることは多々あるはずですけど、大きく下回ると明らかに損なのです。

したがって、相場を調べてから売ると良いのですが、そういったときにはオークションサイトやフリマサイトから調べられます。
売りたいゲームの名前で検索をして、ヤフオクなどのオークションサイトでは相場を調べる機能があるので、それを使ってほしいですし、メルカリなどのフリマサイトの場合には売り切れた品から、そのときの値段で相場がある程度把握できるでしょう。

相場から著しく離れていたら売るのを躊躇った方が良い

そうやって各ゲームの相場をなんとなくでも把握したら、実際に売りに行くわけですが、各ゲームにおける買取金額が事前に調べておいた相場と3倍以上離れていたらそのお店で売るとかなり損と言えるでしょう。
例えば、中古で3000円の相場だと思われていたゲームが1000円以下の買取だったときには、別のお店に行って査定してもらうということもおすすめなのです。

ゲームを売ることができるお店はたくさんあるので、いろいろなお店を歩き回った方が良いです。
そこまで損得にこだわりがない人は良いですけど、1円でも高く売りたいような人はそういったところまでこだるようにしましょう。

関連する記事